So-net無料ブログ作成

<準天頂衛星>1号機 8月2日に種子島から打ち上げへ(毎日新聞)

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は9日、全地球測位システム(GPS)の精度向上を目指す準天頂衛星1号機(愛称・みちびき)を8月2日午後10時54分から同11時54分の間に、鹿児島県の種子島宇宙センターからH2Aロケット18号機で打ち上げると発表した。

 準天頂衛星は、カーナビなどの位置情報を送信している米国のGPS衛星を補い、国内での測位を高精度化するための技術実証が目的。米衛星に代わる「日本版GPS」構築を目指し、官民共同で3基打ち上げる計画だったが、06年に産業界が撤退、残る2基の開発のめどは立っていない。前原誠司・宇宙開発担当相の私的諮問会議は10年4月「利用者の強い要望がない限り不要」との提言をまとめている。

【関連ニュース】
H2Aロケット:不明の相乗り衛星ハヤト「生きてた!」
H2A:打ち上げ成功 金星探査機「あかつき」無事分離
H2A:打ち上げ…金星探査機「あかつき」載せ 種子島
H2Aロケット:新たな打ち上げ予定は21日早朝
社説:「あかつき」出発 科学探査の魅力伝えて

神戸のホテルでW杯参加国をイメージしたカクテルフェア(産経新聞)
日立、ICTによるグリーン化を推進する「GeoAction100」を策定(Business Media 誠)
蓮舫行政刷新相 白のスーツ姿で初登庁(毎日新聞)
「私が単独で偽造」落ち着いて証言 厚労省元係長 郵便不正公判(産経新聞)
「東南海・南海地震」想定訓練 全国400隊が緊急援助(産経新聞)

ゆかりの神社やプラネタリウムに「山崎さん効果」(読売新聞)

 千葉県松戸市出身の宇宙飛行士・山崎直子さん(39)ゆかりの神社やプラネタリウムを訪れる人が大幅に増え、山崎さん効果が表れている。

 山崎さんが昨年12月に帰省した際、家族とともに参拝してミッションの成功を祈った松戸神社(松戸市松戸)。山崎さんは同神社で授かったお守りを宇宙まで持っていき、今月22日、帰還報告の参拝に訪れた際、お守りを奉納した。その後、神社は参拝者が増え、「山崎さんと同じお守りがほしい」といった問い合わせも殺到。同じ種類のお守りは売り切れてしまったという。

 同神社禰宜の常盤暁彦さん(29)は「宇宙からでもふるさとを思ってくれる山崎さんのように、多くの人たちの郷土愛が芽生えてくれればうれしい」と話している。

 一方、山崎さんが子供の頃に通っていた市民会館内のプラネタリウムでは、市内で山崎さんの凱旋パレードが行われた今月22日と23日の入場者数が前年同期の約4倍だった。島根勇一館長は「山崎さんのようにここで宇宙への夢を膨らませる子供が増えることを願いたい」と話している。30日まで、山崎さんのフライトを記念した番組を上演し、6月12日〜7月19日にはスペースシャトルを題材にした番組を予定している。

SS元船長「もう妨害活動しないと思う」(読売新聞)
「確実にころします」ツイッターで元交際相手の女性脅迫 男を逮捕(産経新聞)
「基地は国の問題」が大勢 近畿の知事(産経新聞)
「別れた両党から推薦」無念・不安の候補者陣営(読売新聞)
警官の免職処分「妥当でない」=停職に修正、勤務復帰へ―高知県人事委(時事通信)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。