So-net無料ブログ作成

雅子さま、阪神大震災追悼式出席へ=2年ぶり宿泊伴う地方公務(時事通信)

 宮内庁は15日、皇太子妃雅子さまが神戸市で17日に行われる「阪神・淡路大震災15周年追悼式典」出席のため、皇太子さまと16日から2日間の日程で兵庫県を訪問されると発表した。
 雅子さまの宿泊を伴う地方公務は、2008年1月に冬季国体開会式が開かれた長野県を訪れて以来2年ぶり。 

虚偽記載容疑 大久保被告を逮捕 小沢氏の公設第1秘書(毎日新聞)
高速道 進化するSA・PA 快適な休憩設備、エコ重視の商業施設(産経新聞)
講談社、刊行後2日で回収…著者の本意と異なり(読売新聞)
中国から覚醒剤密輸で元組員起訴 体内に150グラム隠す(産経新聞)
同時改定に向け医療と介護の合同検討会を設置へ(医療介護CBニュース)

雑記帳 絵馬を同封した「合格マスク」が大人気(毎日新聞)

 大学受験などの合格グッズを製作・販売する「アスペック」(徳島市)が、絵馬を同封した「合格マスク」を商品化した。新型インフルエンザ対策として関心が高く、大手予備校から注文が相次ぎ、既に7万枚を出荷した。

 店頭で一般向けの販売はせず、予備校が大学受験向け講義のPRグッズとして受験生に配布した。考案した石井清社長は「体調管理を徹底して試験に臨んで」とエールを送る。

 16日にはセンター試験も始まり、大学受験はいよいよシーズン本番。合格マスクを着けて試験に臨めば、ウイルスを通さずに試験は通るか。【内橋寿明】

【関連ニュース】
岩津天満宮:受験シーズンを迎え、にぎわう 愛知・岡崎
湯島天神:「志望校合格」など絵馬 約4万枚が奉納
雑記帳:受験生らに人気「GO!かくだ切符」 阿武隈急行
雑記帳:タコ神社で合格祈願 三重・鳥羽水族館
湯島天神:就職、合格「お願い」 絵馬作りが佳境 東京

雑記帳 「サル温泉」…一日限りだけれどリラックス(毎日新聞)
心のケア担当教員、今年度限り=被災世代が中学卒業−存続求める声も(時事通信)
「保険者は都道府県単位に」が多数意見−高齢者医療制度改革会議(医療介護CBニュース)
邦人20人、大部分は安否確認=ハイチ地震で平野官房長官(時事通信)
被害者「死ぬんや…悔しいな」 居酒屋3人殺害、胸・腹いきなり発砲(産経新聞)

列凍 那智の滝も凍る 近畿各地でこの冬一番の冷え込み(産経新聞)

 日本列島は14日も強い寒波に見舞われ、大阪管区気象台によると、大阪府の生駒山で朝の最低気温が今季最低となる氷点下6・6度を記録するなど、近畿各地でこの冬一番の冷え込みとなった。落差日本一(133メートル)を誇る和歌山県那智勝浦町の那智の滝も今冬初めて凍り付いた。京都府園部で氷点下7・7度などを記録した。

 那智の滝では、水しぶきが飛び散った岩肌は真っ白になり銀世界のようになった。熊野那智大社によると、午前6時半に氷点下2度を記録。例年は2月中旬ごろに凍結するという。

 管区気象台では、寒さは14日がピークで、しだいに平年並みに戻るとしている。

n1t3oxn8のブログ
クレジットカードの選び方
最近の漁師事情
うっかり保育士
まさじのブログ

お鍋のトレンド「締め」に異変 ブームで主役の座奪う勢い(産経新聞)

 オムライス、麻婆(マーボー)丼、鴨汁そば…。実はこれ、お鍋の「締め」メニューの一例だ。内食傾向が追い風となり、鍋料理は味・スタイルともバリエーションが広がっている。それに伴い、締めにも“異変”が起きている。(榊聡美)

  [フォト]秋冬はカレー鍋で “変わり種”続々登場

 ◆和洋中と多彩な味

 手軽にさまざまな味わいの鍋料理が楽しめる鍋つゆは、今シーズンも好調な売れ行きを示す。中でも人気を集めているのが、締めにもこだわった鍋つゆだ。

 ミツカンは、「〆まで美味しい鍋つゆ」シリーズを発売。「和風カレー鍋つゆ」の締めにカレーうどん、「麻婆鍋つゆ」は麻婆丼という具合に、鍋に合う新しい締めメニューを提案する。

 小さな子供のいる家庭を中心に、ブームになっているカゴメの「甘熟トマト鍋」。南欧産の完熟トマトにチキンブイヨンとパルメザンチーズを組み合わせ、まろやかな甘さとコクのあるスープに仕上げている。野菜やウインナーソーセージなど台所にある具材で作れ、野菜がたっぷり取れるのが人気の理由だ。

 こちらの締めは、残ったスープにご飯と卵を加えて作るオムライス。同社には「ふわふわでおいしく作れた」という声が次々と寄せられているという。

 一方、国産の鴨からとった上品な味わいのだしが好評の「鴨だしよせ鍋スープ」(キッコーマン)は鴨汁そばに。

 「ゴマ油でいためたネギを加えると、さらに本格的な味が楽しめます」(同社コーポレートコミュニケーション部)

 ◆ネット発メニュー

 インターネットでもお鍋の締めレシピが注目を集めている。

 紀文が提案するのは「おでんのちカレー」。いつものおでんを味わった後、カレー粉やルウ、そして野菜を加えて“後半戦”へ。最後はうどんで締める。「野菜が少ない」「同じ味で飽きる」といったおでんに対する不満から生まれた食べ方。味の変化が楽しめ、締めのカレーうどんは“おそば屋さんのカレー”のようにだしの効いた味で、評判も上々だとか。

 一方、ミツカンの鍋料理専用サイト「鍋なび」では、締めのコツを紹介したページが、主役のお鍋メニューを上回る人気を誇る。

 「こうしたコツや豆知識のページが上位にくるのは珍しく、締めの楽しみ方への関心の高さがうかがえます」と、ミツカングループ本社広報室の松本裕佳さんは話す。

 ブームが続く蒸し鍋は和風パスタに、すきやきは焼きうどんに変身させるなど7種類のアイデアメニューを紹介している。

 さて、お鍋をご飯と一緒に食べた場合、どうしたらいいか。『あったかおいしい スープごはん』(ポプラ社)の著者で、スープ研究家の東條真千子さんは、こうアドバイスする。

 「残った具材も含めてスープストックにすると便利。豚しゃぶは豚汁に、鶏肉の水炊きはミネストローネになります。海鮮鍋ならクラムチャウダーなど魚介系のスープができます」

 シーズン中、家庭でお鍋を楽しむ回数は平均で20回前後とか。後半は、意外性のある締めで食卓を沸かせてみてはいかがだろうか。

【関連記事】
「鍋」復権 キーワードは“生活防衛”と“家庭回帰”
ヘルシーさの秘密は“とんがり帽子”の鍋蓋にあり
増殖中…リアル肉食女子「ホルモンヌ」
ブーム到来!?「スープごはん」 相次いで商品化 レシピ本出版へ
大人もはまる! クッキングトイ商戦過熱 生キャラメル、パスタ…

渋谷で働く店長のブログ
g754ec0rのブログ
アフィリエイト ホームページ
クレジットカードのショッピング枠を現金化 
即日現金化

AR 現実とバーチャル融合 レンズのぞくと…未来見えた(産経新聞)

 観光地でカメラをのぞけば案内の看板が浮かび、遺跡でメガネをかければ古代の建造物が出現−。現実の風景に文字や映像のデジタル情報が重なってみえる「拡張現実」(AR)と呼ばれる技術が急速に進化している。iPhone(アイフォーン)などの高性能携帯向けサービスも登場し、私たちの暮らしに浸透し始めた。SF映画やアニメでみた現実とバーチャルが融合する未来は、すぐそこまで来ている。(猪谷千香)2

 6世紀末から7世紀にかけて栄えた古代都市、飛鳥京。奈良県明日香村の遺跡をARによって復元する「バーチャル飛鳥京プロジェクト」が、東京大学大学院情報学環・池内研究室によって進められている。

 ヘッドマウントディスプレーと呼ばれる装置を頭に装着して遺跡の前に立てば、7世紀に建立された川原寺などの建造物が、コンピューターグラフィックスで実際の風景の中に出現する。池内研究室では、光の方向と強さを計算して陰影を変化させ、より現実に近い映像を作り出すことに成功した。

 「このシステムは実世界と仮想空間を結びつけるタイムマシンのようなもの。バーチャルだったら、時代や学説による建物の配置の違いも表現できる」と池内克史教授。実際に建物を復元するよりコストが安く、遺跡を傷つけないなどのメリットもある。

 システム実用化を目指し、平成20年に学生らがベンチャー企業「アスカラボ」を設立。昨年、東京五輪招致活動でスタジアムのARを国際オリンピック委員会の視察団に披露した。

 もっと身近にARを体験できるサービスも、アイフォーンなどの高性能携帯向けアプリに登場している。人気は「セカイカメラ」で、アイフォーンをかざせば現実の風景に「エアタグ」というデジタル情報が重なる。昨年9月の公開後4日間で10万回ダウンロードされ、12月からは77カ国で使えるようになった。

 国内外の博物館や岐阜・飛騨高山で採用され、現地を訪れた人にガイド情報を提供。12月からは楽天トラベルと提携し、2万3千件の宿泊情報を公開している。企業などの公式情報だけでなく、ユーザーも情報発信できるのが特徴。人物にカメラを向ければ、その人が公開しているプロフィルなどの情報が画面に現れる。

 開発した「頓智(とんち)ドット」COO(最高執行責任者)、佐藤僚さんは、「現実世界とネットの境目で、ソーシャルなコミュニケーションができるようになる」と話している。

 ARによる街の活性化を図る実験が、東京・渋谷で行われている。経済産業省委託事業として、東急電鉄や国立情報学研究所などが、アイフォーン向けアプリ「pin@clip ピナクリ」を使ったサービスを今年3月まで実施。現在8千人が利用中で、今月24日までは、ARが日常化した近未来を描いたアニメ「電脳コイル」と連動したプロモーションを展開、作中に登場するアイテムを渋谷で集めれば、先着100人が食事券と交換できる。

 「電脳コイル」に登場する電脳メガネさながらのメガネ型ARディスプレーを開発しているのはブラザー工業。目に入れても安全な明るさの光を網膜に当て、その光を高速で動かすことによって映像を作る技術を採用。通常の視野の中に浮かんだ映像を見ることができる。実用化の時期はまだ未定だが、まずは産業向けを計画しているという。

【用語解説】AR(エー・アール)

 拡張現実、Augmented Realityの略称。映像やテキストのデジタル情報を現実の風景に重ね合わせる技術。インターネットやGPS機能などを使い、アイフォーンなどの高性能携帯のカメラで映し出すことが多い。

【関連記事】
googleかiPhoneか 勝者はどっち
IT業界に地殻変動も グーグルの携帯電話本格参入
「グーグル携帯」登場 iPhoneと激突へ
アップル タブレット型新製品発売へ 米紙報道
Twitterの次はセカイカメラ 拡張現実が変える2010年

d59jndx2のブログ
けんいちろうのブログ
出会いランキング
クレジットカードのショッピング枠を現金化
クレジットカード現金化 還元率

小沢幹事長の参考人招致、民主・山岡氏が拒否表明(読売新聞)

 民主党の山岡賢次国会対策委員長は9日、政治資金問題を巡って、自民党が鳩山首相の親族や民主党の小沢幹事長の国会への参考人招致を求めていることについて、「そんなことをいくらやっても国民生活はよくならない。国会の場をワイドショー劇場にしてもらいたくない」と述べ、拒否する考えを示した。

 鳥取市で開かれた同党参院議員の会合で語った。

 また、緊急的な経済対策を盛り込んだ2009年度第2次補正予算案について、「野党にも理解をいただいて今月中に通したい」と述べ、1月末までに成立させる意向を示した。永住外国人に地方選挙権を付与する法案については「政府で必ず提出し、今国会で必ず上げる決意だ」と強調した。

世界のお祭り
私の親、タクシー運転手です。
競馬サイト
クレジットカードのショッピング枠を現金化 
携帯ホームページ

<毎日新聞>編集綱領制定記念のつどい…東京(毎日新聞)

 第23回毎日新聞社編集綱領制定記念のつどい「日本が変わる、報道が変わる−検証・政権交代」(毎日新聞労働組合など主催)が11日、東京都千代田区の毎日ホールで開かれた。昨年の政権交代を踏まえ、シンポジウム形式で政治報道の果たすべき役割を考えた。

 パネリストは、民主党・副文部科学相の鈴木寛▽自民党・前厚生労働相の舛添要一▽ジャーナリストの上杉隆の3氏。与良正男・毎日新聞論説委員がコーディネーターを務めた。

 政治報道のあり方について、鈴木氏は「政局の動向が重視されるが、政策への関心が薄い。メディアが論議の場を提供してほしい」、舛添氏は「過去の政権批判、官僚依存の報道を脱し、政権交代をきっかけに自己改革を進めてほしい」と求めた。上杉氏は「海外主要紙の東京支局の縮小・撤退が相次いでいるが、取材時の記者クラブの閉鎖性が原因と思う」と記者クラブ改革を訴えた。

【関連ニュース】
毎日新聞:発行物一部を研究機関に寄贈 大阪で搬出作業
中部写真記者協会賞:毎日新聞・竹内幹記者がグランプリに
訃報:丸谷亘さん76歳=前毎日書道会専務理事
毎日新聞:大関・魁皇関を表彰…幕内在位98場所新記録で
毎日スポーツ人賞:GPにWBC日本代表チーム…表彰式

c5ih5hrkのブログ
ブログで稼ぐ
2ショットチャット
携帯ホームページ
クレジットカード現金化 比較

芥川賞・直木賞 候補11作発表 大森兄弟、佐々木譲氏らノミネート(産経新聞)

 第142回芥川賞・直木賞(日本文学振興会主催)の候補作が5日付で発表された。芥川賞候補は実の兄弟の共作で昨年、文芸賞受賞で話題を集めた大森兄弟や、劇団「大人計画」の主宰者で、舞台演出から脚本、俳優、映画監督もこなす松尾スズキさん(47)らの5作(6人)がノミネート。直木賞候補には「空飛ぶタイヤ」で経済小説に新ジャンルを拓いた池井戸潤さん(46)、北海道警を舞台にした警察ミステリーを手掛ける佐々木譲さん(59)ら6作が選ばれた。選考会は14日に都内で開かれる。候補作は次の通り(敬称略)。

 【芥川賞】大森兄弟「犬はいつも足元にいて」(文芸冬号)▽羽田圭介「ミート・ザ・ビート」(文学界12月号)▽藤代泉「ボーダー&レス」(文芸冬号)▽舞城王太郎「ビッチマグネット」(新潮9月号)▽松尾スズキ「老人賭博」(文学界8月号)

 【直木賞】池井戸潤「鉄の骨」(講談社)▽佐々木譲「廃墟に乞う」(文芸春秋)▽白石一文「ほかならぬ人へ」(祥伝社)▽辻村深月「ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。」(講談社)▽葉室麟「花や散るらん」(文芸春秋)▽道尾秀介「球体の蛇」(角川書店)

【関連記事】
“ハルキ・イヤー”にあえて「1Q84」を除くと…
第13回司馬遼太郎賞に宮本輝氏 「骸骨ビルの庭」
文学界に新風、共作ユニット「大森兄弟」 「通じ合う」兄弟の挑戦
“原石”を探せ!感性重視、未完成作品歓迎…若者向け文学新人賞
芥川賞・直木賞選考経過 「終の住処」圧倒的、「鷺と雪」2度目投票で決着

たけはるのブログ
日本海側釣りのポイント
競馬情報
ショッピング枠現金化
カードでお金

防災無線で報道批判=阿久根市長が計3回−通信局「行政目的」と不問・鹿児島(時事通信)

 鹿児島県阿久根市の竹原信一市長は5日夜と6日早朝、市内の約8600戸に向けた防災行政無線で、自身のブログでの障害者への差別的記述をめぐる報道について「意図的に誤解を誘導し、悪意を感じる」と批判する録音音声を放送した。「強烈、迅速に改革を推進する私の手法を国と全国の市町村がまねするべきだ」とも訴えた。
 防災行政無線は災害時の連絡や市の行事の広報に使われる。総務省九州総合通信局は、電波法違反(目的外使用)の可能性があるとして市側に事情を聴いたが、「施政方針を示す範囲にとどまり、行政目的」として違反ではないと判断した。
 市関係者や市民によると、5日午後7時半すぎに市のほぼ全域で放送された。さらに同じ内容で、6日午前6時5分と同6時50分に地区別で流された。長さは約5分間で、4日に録音した。 

【関連ニュース】
障害者支援の法整備議論=推進本部が初会合
「障がい者」の表記検討=政府が制度改革推進本部設置

お金のかからない生活
p4wg80ldのブログ
クレジットカード現金化 比較
現金化口コミ
現金化

ホームで吐き電車と接触=男子高校生が死亡−警視庁(時事通信)

 5日午後9時40分ごろ、東京都北区赤羽のJR赤羽駅ホームで、埼玉県に住む私立高校1年の男子生徒(16)が電車に接触した。病院に運ばれたが、頭を強く打っており、6日午後4時10分に死亡した。
 警視庁赤羽署によると、男子生徒は友人2人と渋谷区の居酒屋で飲酒し、電車で帰宅途中に気分が悪くなった。
 同駅で友人に介抱され、四つんばいで吐いていた際、ホームに入ってきた電車に左側頭部が接触したという。 

【関連ニュース】
ドラフト指名の高3男子補導=同級生と飲酒
列車にひかれ4歳児死亡=埼玉県警

生で食べるレシピ特選
v3fgwh3zのブログ
現金化口コミ
クレジットカードのショッピング枠を現金化 
クレジットカード現金化 比較

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。