So-net無料ブログ作成
検索選択
-| 2010年01月 |2010年02月 ブログトップ
前の10件 | -

「基地なくても…」基地問題は経済問題(産経新聞)

 市長選の激戦から一夜明けた25日。沖縄県名護市は1週間にわたる喧噪(けんそう)がうそだったかのように静かな朝を迎えた。

 長年、市内で保守系県議の秘書を務めた男性(63)は今回の選挙を、「地域の活性化を米軍基地に頼るかどうかが争点だった。有権者は疲弊する経済の活性化に関心があったのに、鳩山由紀夫首相が政府の専権事項である国防問題の判断を委ねようとしたため、反米、反基地を唱える革新的グループに操られた可能性がある」と浮かない顔で分析した。

 名護市が米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移設受け入れを決めた後、政府は、その見返りとして、沖縄振興策の名で総額2000億円を超える支援を続けてきた。

 今回の選挙では、それが十分な経済効果を果たさなかったという議論が噴出。当選した稲嶺進氏(64)の陣営は、前原誠司沖縄・北方対策相が「(振興策は)基地と切り離して行いたい」と述べ、平成22年度予算案で北部活性化特別振興事業費70億円が計上されたことなどをあげ、「基地がなくても中央政府とのパイプがあり、支援は受けられる」と訴えてきた。

 これが県民の心の奥底に潜む反米軍感情を刺激した。さらに、民主党政権が、無責任に、県外、国外移設説を強調したため、県内世論が一斉に反基地闘争につながった。

 辺野古の主婦(57)は「最初は基地の受け入れに賛成だった。しかし、騒音問題や雇用問題などをどうするか、という話は全く進まなかった。稲嶺さんの話を聞いているうち、基地を受け入れなくても活気を取り戻せると思った」と話す。

 名護市民は、米軍基地の存在を国防上の問題としてとらえるのではなく、経済効果を期待する存在と位置づけてきたのだ。

 選挙前、「一番被害を受けるわれわれが受け入れを認めたのに、騒音も危険もない人たちがなぜ、反対するのか」と反論していた辺野古区の代替施設推進協議会会長、宮城安秀氏も「これで、基地による経済効果を期待できなくなった。推進運動は続けるが、稲嶺さんが活性化を約束したのだから、協力する」と話す。

 稲嶺氏は25日、勝因について「基地に頼る振興策では生活はよくならないということを(市民に)考えていただいた」と振り返った。しかし、前出の元秘書は、「今回の70億円も移設受け入れが条件であるのは明白。基地は受け入れません、援助だけ欲しい、といっても通らない。基地受け入れと政府援助を称して“アメとムチ”という人がいるが、そもそも、日本政府の援助がなければ今の沖縄はなかったはずだ。本気で基地依存を止め、独自の経済復興を目指すなら、政府から巨額の援助を受けるべきではない」と忠告する。

 一方、選挙を注視していた普天間飛行場周辺に住む男性(50)は「13年前、移設の話がでたとき、移設なんて考えたこともなかったから『まさか!』と驚いた。でもその後、動かないから、『やっぱり』と、あきらめてきた。名護市民の民意を重視するといってきた鳩山政権が、5月にどういう答えを出すのか見ものだ。普天間が固定化されるかも…」と不安を漏らした。

 地方選挙にもかかわらず、常に米軍基地問題が取りざたされる沖縄県。名護市長選では、さまざまな思いが錯綜(さくそう)したが、ある国会議員は、「沖縄の負担軽減を強調する鳩山首相が、選挙結果に固執すると、それこそ“沖縄が危なくなる”」と警告した。(宮本雅史)

【関連記事】
当選の稲嶺氏「まず市議会で反対決議」 普天間移設現行計画撤回へ
鳩山首相、名護市長選の結果受け米軍移設「ゼロベースで検討」
米各紙が名護市長選報道「安保政策は町村では決められない」
揺らぐ沖縄 自治体に「安保」委ねた首相
普天間決着、再び先送りか 首相の責任論も

<替え玉殺人>中国人被告に無期懲役 大阪地裁判決(毎日新聞)
寝坊の郷田九段に罰金50万円 米長会長「言語道断」(産経新聞)
「自分に都合よく発言」平松市長、また橋下知事に反発(産経新聞)
大阪府4保健所、結核検診4割誤判定の恐れ(読売新聞)
<夕張市>赤字返済19年に短縮 財政再生計画素案を修正(毎日新聞)

酔って壁をけり壊した容疑、千葉県室長を逮捕(読売新聞)

 千葉中央署は23日、千葉市中央区矢作町、千葉県キャリア形成支援室長中村昇一容疑者(52)を建造物等損壊の疑いで現行犯逮捕した。

 発表によると、中村容疑者は23日午前1時50分頃、同区富士見のビル2階エレベーターホールで、壁をけって穴を開けた疑い。

 中村容疑者は、ビルに入っているフィリピンパブで1人で酒を飲んでいた。通報で駆けつけた署員に取り押さえられ、「壊したことは間違いないが、何でやったかは自分でもわからない」と供述しているという。

<国交省>「脱ダム」治水のアイデアを募集(毎日新聞)
鳩山首相、麻生前首相の二の舞!?故事成語を自信満々の勘違い(スポーツ報知)
<無料低額宿泊所>FIS幹部3人を在宅起訴へ 脱税で(毎日新聞)
「押尾氏は救命活動、女性遺棄でない」…弁護団(読売新聞)
大分みらい信金職員、4億円着服=パチンコや借金返済に、懲戒解雇(時事通信)

<河村名古屋市長>地域委員会投票率「2〜3割あれば」(毎日新聞)

 名古屋市の河村たかし市長は25日の定例記者会見で、地域委員会の委員を決める選挙の投票率について「50%と言いたいが、難しい。市議補選が1〜2割だから、2〜3割あればいい」と述べた。低投票率だと住民の意思を反映できないのではないかという懸念に対しては「初めてのことだから仮に少数であっても、選挙をすること自体が大変意味がある」と強調した。

 地域委員会は3月から市内8区8地域でモデル実施され、2月に委員を選ぶ選挙が行われる。

 各地区の委員数は、人口に応じて11〜7人。【丸山進】

【関連ニュース
衆院選:「政治に対する民の怒り爆発」名古屋市長
名古屋市長:給与800万円案、曲げずに議会提出へ
名古屋市長:「がん施設」建設へ…損害賠償金無視できず
今年の漢字:名古屋の河村市長は「挑」…「芋」改め
名古屋市議会:委員会で減税修正案を可決 河村市長は反発

消えゆく戦後…旧海軍整備工場が70年の歴史に幕(産経新聞)
新型インフル 和歌山県内で初の死者 85歳女性(産経新聞)
寺に強盗、200万円奪う 複数の男ら、住職縛る 京都(産経新聞)
自民、外国人参政権など地方議会で反対指示へ(産経新聞)
女性死亡で押尾容疑者を起訴=保護責任者遺棄−裁判員裁判に・東京地検(時事通信)

「異性関係ばらす」と女性脅す=町課長補佐、容疑で逮捕−和歌山県警(時事通信)

 知人女性に異性関係を暴露すると書いた文書を送って現金を要求したとして、和歌山県警捜査1課とかつらぎ署は24日、恐喝未遂容疑で同県かつらぎ町産業観光課長補佐の坪井弘至容疑者(51)=同町花園梁瀬=を逮捕した。
 県警によると、坪井容疑者は「ギャンブル消費者金融に約300万円の借金があり、その返済に充てるためだった」と供述しているという。
 逮捕容疑は昨年12月3日、知人女性に対し、過去の異性関係をばらされたくなければ、現金50万円を支払うよう要求した疑い。 

【関連ニュース
警部補を恐喝未遂容疑で逮捕=風俗遊び「通報する」と男性脅す
恐喝未遂容疑で稲川会幹部逮捕=「金払わなければ殺す」
マンション施工めぐり脅迫=3500万要求容疑で会社員逮捕
前千葉市議長を再逮捕=ゼネコン恐喝未遂容疑
住銀支店長射殺事件が時効=企業テロか強盗か、捜査混乱

仙谷担当相が変節 本音は小沢氏の辞任求めたい?(産経新聞)
鳩山首相、小沢氏事件で「一蓮托生議論はナンセンス」(産経新聞)
<雑記帳>500系“引退”記念バウムクーヘン(毎日新聞)
美と幽玄の世界 京都・壬生寺展始まる(産経新聞)
空き地で女性死亡=上半身に刺し傷、雪に埋まる−北海道警(時事通信)

胆沢ダムの下請け中堅ゼネコン捜索…陸山会事件(読売新聞)

 小沢一郎・民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る政治資金規正法違反事件で、小沢氏側が、東京地検特捜部の参考人聴取に応じる方向で検討を始めたことが、関係者の話で分かった。

 小沢氏は聴取に応じていなかったが、「説明すべきだ」との声が高まってきたことから聴取に応じる方向に転じた。

 一方、特捜部は19日、他の地検から応援検事を集め、捜査態勢を拡充。中堅ゼネコン「宮本組」(兵庫県姫路市)と「山崎建設」(東京都中央区)を捜索した。

 両社は、2004年10月に大手ゼネコン「鹿島」の共同企業体(JV)が受注した国土交通省発注の胆沢(いさわ)ダム(岩手県奥州市)の堤体盛立工事を、「水谷建設」(三重県桑名市)などと共に下請け受注。水谷建設の元幹部らは特捜部に対し、同時期に小沢氏側に現金5000万円を提供したと供述している。

 同月には陸山会が東京都世田谷区の土地を購入し、土地代金に充てられた4億円の収入などが同会の政治資金収支報告書に記載されていなかった。特捜部は水谷建設の資金が土地代金に充てられた4億円に含まれていた可能性が高いと見ており、宮本組や山崎建設など他のゼネコンからの資金提供がなかったかどうかも調べる

 胆沢ダムについては、小沢事務所が受注業者の選定に影響力を持っていたとされる。特捜部は今月5日から、鹿島や、05年に同ダムの関連工事をJVで受注した「大成建設」などの担当者から事情聴取を始め、13日には鹿島本社なども捜索した。関係者によると、水谷建設の元幹部らは05年4月にも5000万円を小沢氏側に提供したと供述している。

 西松建設から陸山会などへの違法献金事件の公判で検察側は、小沢事務所が大手ゼネコンなどに下請け企業群を使って多額の献金をするよう要求していたと主張している。

小沢氏の説明に期待感 「大変望ましい」 鳩山首相(産経新聞)
<米アラスカ湾>20年前の原油残存 タンカー座礁で流出(毎日新聞)
<小沢幹事長>滞在先のホテル 大勢の報道陣が詰め掛ける(毎日新聞)
酒の安売り・飲み放題はダメ…WHOが指針案(読売新聞)
<安保改定50周年>日米の外務・防衛担当閣僚が共同声明(毎日新聞)

DNA追及され再び「自白」…足利事件テープ(読売新聞)

 栃木県足利市で1990年に4歳女児が殺害された足利事件で、昨年6月に釈放された菅家利和さん(63)の再審第5回公判が22日、宇都宮地裁(佐藤正信裁判長)で始まり、1審公判中だった1992年12月8日の取り調べ録音テープが再生された。

 菅家さんは前日の取り調べで否認に転じていたが、宇都宮地検の森川大司検事(当時)にDNA型鑑定などを根拠に追及され、再び犯行を認める様子が明らかになった。

 森川検事は「ずるくなれと言ったわけじゃない」などとたたみかけ、菅家さんは涙声で「勘弁してください」と再び自白した。弁護団は、森川検事が「ひきょうなことを言って罪を逃れようとするのは、人間として失格だ」と言ったことなどを、「悪魔の取り調べだった」と非難している。

 菅家さんは、取り調べから14日後の1審第6回公判で否認したが、翌月の第7回公判で再び認めた。弁護団は、「強引に再自白させられた取り調べが影響しており、公判での自白の任意性は完全に否定されるべき」としている。

 22日午後は、森川元検事の証人尋問が行われる。

<ハイチ大地震>国際医療救援団体、医師ら派遣(毎日新聞)
<転落死>9階手すりで度胸試し 高1男子足踏み外す 那覇(毎日新聞)
「官民協力」奏功 振り込め被害3分の1 検挙率も77%(産経新聞)
小沢幹事長「辞任すべきだ」70%…読売調査(読売新聞)
<バイアグラ>模造品販売容疑で弘道会系組幹部逮捕 愛知(毎日新聞)

<原口総務相>検察側への注文だった…「関係者」発言で弁明(毎日新聞)

 原口一博総務相は21日、小沢一郎民主党幹事長の政治資金団体「陸山会」の土地購入を巡る事件報道に絡んで、メディアが「関係者によると」という表現を使っていることについて「(検察、被疑者どちらの関係者か)を明確にしなければ、電波という公共のものを使ってやるにしては不適だ」と注文を付けたことを、メディア批判ではなく、検察への注文だと記者団に弁明した。

 原口総務相の発言は、「権力を監視する放送局に対し、監督権限のある立場から放送内容を批判した」として、メディア論の専門家らから批判されていた。

 これに対し、原口総務相は「私は放送の内容に介入する気はない」と反論。検察側が「関係者」という表記を約束しなければ取材に応じないのであれば、取材の自由を奪うもので問題だという検察側への注文だったと釈明した。

 一方で「検察のリークがもしあるならば、それをそのまま垂れ流すのは不適だ」とも話した。【望月麻紀】

【関連ニュース
政権公約を実現する会:「政治団体」として届け出の方針
土地購入事件:小沢氏、今週末にも聴取 地検に応諾伝える
政党交付金:初めて民主党が自民党を逆転 衆院選圧勝で
小沢幹事長:聴取応諾回答で、地検と日程調整へ
亀井金融相:政治資金規正法の緩和を

<日米安保>「核廃棄へ努力を」19日の声明概要(毎日新聞)
25歳巡査を懲戒免職=女子大生にわいせつ行為−埼玉県警(時事通信)
名護市長選、「普天間」首相判断に影響も(読売新聞)
モンキードッグ “猿害”は犬の力で 深刻な農作物被害で(毎日新聞)
「砂の文化」発信 鳥取砂丘砂像連盟が発足(産経新聞)

蓮舫「元々日本人じゃない」 平沼発言に批判集中(J-CASTニュース)

 新党結成に向けて動いている平沼赳夫元経産相が蓮舫参院議員のことを「元々日本人じゃない」と批判した。ネットでは「帰化した人に対して失礼すぎる」といった非難の声があがっているが、平沼事務所は「撤回するような発言はしていない」と強気の姿勢を崩していない。

■「帰化した者に対して失礼すぎる」

 毎日新聞や共同通信の報道によると、平沼氏は2010年1月17日、地元の岡山市内で開いた後援会パーティーのあいさつで政府の事業仕分けを批判し、仕分け人を務めた蓮舫議員について「言いたくないが、元々日本人じゃない。帰化して国会議員になって、事業仕分けでそんなことを言っている」などと発言した。

 公式サイトによれば、蓮舫議員は1967年、台湾人の父と日本人の母の間に生まれた。当時は父親が日本人の場合しか日本国籍が取得できなかったが、改正国籍法の施行後の85年、高校生のときに日本国籍を取得した。つまり帰化したことは事実だが、出自を問題にしたことに対して、ネットでは批判の声が多数あがった。ミニブログサービス「ツイッター(Twitter)」には、

  「帰化した者に対して失礼すぎる」

  「まだ、このような人権感覚の政治家がいることが、ホント情けない」

  「こういう発言をする資質のひとを国会議員にしておくのはやめにしたい」

といった批判コメントが次々と投稿された。なかには平沼氏を支持する声もあるが、少数派だ。小沢氏の元秘書が逮捕されたときには、沈黙してしまっていると蓮舫議員を批判していた松原聡・東洋大学教授も、

  「平沼『蓮舫、帰化』発言。ヒドイ。平沼氏が経産大臣のころ、TV番組で知り合い、政策通だなと評価していた。経産官僚にも評判がよかったのに。郵政あたりからおかしくなり、ありえない『郵貯がハゲタカファンド買収される』と叫びはじめていた。今回の発言も、同じ根っこなのか…」

と平沼氏の姿勢を強く批判している。

■「撤回するような発言はしていない」

 海外、特に欧米社会では、人種や民族への差別的発言が政治家の命取りになる。人気ブログ「金融日記」の主宰者で、米系投資銀行に勤務する藤沢数希さんは、

  「日本と国際社会の違いのひとつに差別発言への寛容さがある。国際社会のビジネスとか大学とかで人種、国籍、性別などにもとづく差別発言をするとむちゃくちゃシリアスな問題になる。こんなこと言ったらふつう一発アウト」

と痛烈な非難を浴びせた。

 平沼氏は永住外国人への地方参政権付与に反対の立場で、2009年10月には公式サイトで「永住外国人が参政権を得るためには、法律どおり日本に帰化することが妥当だ」と主張している。だが、フリージャーナーリストの岩上安身さんはツイッター上で

  「帰化をした者に、こうした差別を行うなら、『参政権ではなく帰化を』という主張そのものが、説得力を失ってしまう。平沼氏は謝罪して、発言を撤回すべきだ」

と提言した。平沼氏の謝罪や発言撤回はあるのか。議員事務所に取材すると、秘書の一人は、

  「私も聞いていたが、民主党を批判していただけで、何ら問題があるとは思わなかった。撤回するような発言はしていない」

と話していた。一方、蓮舫議員の事務所は

  「直接発言を聞いたわけではないので、コメントする立場にない」

としている。


■関連記事
外国人参政権法案提出へ 与党内に異論、波乱の可能性 : 2010/01/12
森元首相「オンナは視野が狭い」 「失言」にブーイング : 2007/07/12
新聞・テレビの猛反発は必至 総務相「新聞社の放送支配禁止」表明 : 2010/01/15
「仕分け人」蓮舫に「恐いよね」 言われた本人は… : 2009/11/18
「必殺仕分け人」蓮舫議員 「何様」「生意気」で検索される : 2009/11/26

無期求刑の男に懲役20年=裁判員、結審日判決「もう少し時間を」−札幌地裁(時事通信)
日韓外相が会談へ=北朝鮮核問題など協議(時事通信)
室内に練炭…家族3人死亡、中2女子重体 浜松(産経新聞)
「小沢辞任」叫ぶ男が取り押さえられる 民主党大会の会場近く(産経新聞)
普天間移設 5月までに解決確信…イノウエ氏、首相と会談(毎日新聞)

鳩山首相、小沢氏は「二度と出てこないような政治家」(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は14日、土地購入問題をめぐり東京地検が資金管理団体「陸山会」などの家宅捜索を行った民主党の小沢一郎幹事長について「二度と出てこないような個性を持った政治家だ。大変強い信念をお持ちの政治家だ」と述べた。首相公邸前で記者団に答えた。

 ぶら下がり取材の詳報は以下の通り。

 【ハイチ地震】

 ――ハイチで大地震があり甚大な被害が出ているようだが、受け止めは

 「はい、また、このハイチの大地震に関して多くの人命が失われたこと、心からお悔やみを申し上げたいと存じます。また、行方不明の方もたくさん出ておられるようです。早く、生きて救出されるように期待をしたいと思っておりますし、また、多くの方々がけがをされておられる。心からお見舞い申し上げたいと思います。私どもとすれば、このように、まさに人が大きな地震に見舞われるということ、そのことによってこの国自体が大変な状況になっていると思いますから、日本として何ができるかということを早急に考える必要があります。その意味で、まずは6名の方を、外務(省)、防衛(省)、そしてJICA(国際協力機構)の方々を派遣をして、日本として早急に何ができるかを決めてまいりたいと思います。資金的な援助とか、あるいは物資的な援助も当然、すぐに行ってまいりますけども、さらに相当被害が大きいことが予想されていますので、世界の協力の中でですね、ハイチの国民のみなさんの命を救うために全力を尽くして行っていきたいと思います」

 【小沢氏土地疑惑】

 ――小沢幹事長の土地購入をめぐる政治とカネの問題だが、東京地検は土地購入の原資となった4億円の一部が胆沢(いさわ)ダム受注にからむゼネコンからの金とみていて、立証された場合には政治責任は免れないとみられるが

 「今、まだ仮定の話をされておられますから、それに、仮定にはお答えできません。また、当然これ、捜査中の話でありますから、捜査で全容が当然明らかになってくると思います。私としてはそれ以上のことは申しあげる立場にありません」

 ――この件に関して小沢幹事長と連絡は取り合ったのか

 「あの、別件でお話をしました。きのう。きょうは何にも申しあげておりません」

 ――今後連絡をこの件で取り合うことは

 「今、当面考えておりません」

 ――自民党は国会の冒頭から予算委員会での政治とカネの集中審議を求めているが、総理はこれにどのように対処する考えか

 「これは、国会の話は国会でお決めになればいい話でありますから、今、国対を中心に与党と野党で協議をしていただければいい話だと思います」

 ――総理は小沢幹事長の西松建設の献金問題のときに「国策捜査だ。検察の捜査に国家権力が介入している」という認識を示し、総理になった後、その考えは間違っていたと認識を翻した。今回の捜査に関して国家権力は介入しないということをどのように国民に担保されるつもりか

 「担保するというよりも、そのつもりはありませんと。そして、私は国策捜査だと、ある意味で最初の段階でやや感情的な思いのもとで申し上げた。そのことに関しては二度と申しあげておりません」

 ――小沢さんという政治家を総理からごらんになったら、どういう存在か

 「うん? 私から申しあげるんですか。それは、私は小沢幹事長というのは大変、ある意味で二度と出てこないような、個性を持った政治家であると思います。大変強い信念をお持ちの政治家だと思います。そして、この民主党を、政権獲得に向けて大変大きなお力を発揮をしたと。そのように感じておりますし、これからも発揮してもらいたいと。そのように感じております」

 ――総理自身が小沢さんに仕えて、だいぶ変わったと、ひと回り大きくなったという話をよく聞くが

 「私がですか? はっはは」

 ――苦労されたんだろうと

 「いやいや。一緒に行動する。ある意味で個性の違う2人が協力するということで、それぞれその影響を受けるということは、私はありがたいことだと思います」

 ――参院選も小沢幹事長陣頭指揮の下で戦うつもりか

 「そう思います」

 【消費税】

 ――きょう菅直人財務相が次の衆院選までに消費税率を引き上げるかどうかの方向性を公約として示す考えを明らかにしているが、総理も同じ考えか

 「そうおっしゃったんですか? 公約として示すって? 私はそうはうかがっておりませんが、いずれにしても私どもは昨年の選挙で4年間は消費税を上げませんということをマニフェスト、公約でうたって、選挙を戦って勝利をいただいた。それは大事にしなければいけないと思っています。一方で年金の問題その他ありますから、当然、これからそのあと4年以上先の話に関しては、これから議論が進めばいい話であって、今ここで何を公約にするかということを議論するにはあまりにも早い話だと、そう思います」

 【首相補佐官】

 ――枝野幸男衆院議員の首相補佐官の話だが、総理はぶら下がりで、私の方から枝野君にやってもらいましょうと。彼が適任じゃないかということを私から申しあげたということだったが、一体いつ枝野さんへの辞令は出すのか

 「できるだけ早くその状況にしてまいりたいと、そのように思っております」

 ――辞令交付する考えに変わりはないか

 「考えは変わっておりません。まだ私自身の考えは変わっておりませんが、最終的にその結論は出していないということです」

 【インド洋での海上自衛隊の給油活動】

 ――自衛隊のインド洋での活動はあす15日(いっぱい)で法律の期限切れを迎えて終了する。これまでの自衛隊の補給活動の成果と、撤退による現地等への影響は。今後のテロとの戦いについてどのように考えているか

 「はい。私はインド洋で海上自衛隊のみなさんが非常に頑張ってくださったと。1人1人の方には心から感謝を申しあげたいと思います。ただ、果たしてその政策的にどこまで意義があったかどうかということで申しあげれば、近年、必ずしも給油という仕事が十分な意味を持ってきていなかったのではないか。それは給油活動の実績が示している。そのように思います。したがって、私どもはアフガニスタンに対してはもっとある意味での直接的なね、民生の支援というものの方がアフガニスタンの国民の経済的な安定、あるいは平和を獲得するためには重要だと思っています。したがって、過去は過去として、むしろ未来に向けてアフガニスタンの問題に関しては、これは他の国とも協力をしながら、いい支援を行っていきたいと。そのことはクリントン(米国務長官)・岡田(克也外相)会談の中でもクリントン長官から感謝をいただいたと、そのようにうかがっています」

【関連:陸山会など強制捜査】
石川議員元秘書、資料を隠してなければ「小沢先生含め全員逮捕だ」
不可解10億円分…「小沢氏名義」で億ション買いあさる
小沢氏「国民、理解してくれていると」13日夜のあいさつ全文
捜査不発なら…小沢氏支配さらに強まる? 息潜める政府・与党
「いまの民主党は大政翼賛会みたい」と渡部氏 捜査には言及せず

聴取要請から1週間 小沢氏「多忙」 膠着続けば証人尋問も(産経新聞)
小沢幹事長、党大会で検察批判「納得できない」 (産経新聞)
住宅で練炭心中か=3人死亡、1人重体−静岡(時事通信)
<北沢防衛相>インド洋撤退命令 給油活動終了(毎日新聞)
大学入試センターの追試験は972人に(産経新聞)
前の10件 | -
-|2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。