So-net無料ブログ作成
検索選択

高齢者住宅業界のレベルアップ目指す―経営者協議会が発足(医療介護CBニュース)

 高齢者向け住宅を運営する事業者など33法人の経営者で構成する任意団体「高齢者住宅経営者連絡協議会」は5月20日、設立発起会を開いた。記者会見で同協議会の森川悦明会長(オリックス・リビング社長)は、「高齢者向け住宅業界が主要な産業となるために必要なレベルアップを目指したい」と抱負を語った。

 また森川会長は、高齢者向け住宅をめぐって、有料老人ホームや特定施設、高齢者専用賃貸住宅など、届け出の違いで協会が細分化されている点を問題視。こうした枠組みを越えた取り組みが必要との認識を示した。その上で、厚生労働省や国土交通省への提言などを通じて、利用者に対するサービスの質の向上や、事業者の健全な経営を目指すとした。
 このほか、高齢者住宅の供給促進、団塊世代が75歳以上となる2025年に向けた適正な供給計画の策定などが必要と指摘した。

 同協議会のメンバーは昨年から懇談会を開いて意見交換を続けており、今年4月1日付で任意団体として発足した。田村明孝事務局長(タムラプランニングアンドオペレーティング代表取締役)によると、今後は月1回程度意見交換会や研修会、住宅の見学会などを行う予定だという。


【関連記事】
高齢者住宅の発展目指す事業者団体が発足
「高齢者住宅、需要の発生に3つの“タイミング”」
高齢者が地域社会で安心して暮らせる仕組みを―国交省がフォーラム
「施設の拡充よりも、住まいの充実を」―高専協・橋本会長
生活支援付き高専賃などの補助事業で説明会

女子中生の上履き盗む=ネット転売の大学生逮捕―京都府警(時事通信)
将棋 現役最高齢棋士の有吉九段引退 「火の玉流」の異名(毎日新聞)
弁護士法違反容疑で元裁判所職員逮捕 大阪地検特捜部(産経新聞)
2020年の五輪 都体協が招致要望(産経新聞)
西・東日本は大雨警戒を=低気圧、日本海へ―気象庁(時事通信)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。